平泳ぎ下半身が沈まないコツについて調べた

平泳ぎでどうしても下半身が徐々に下がってしまう・・

 

普段は会社員をやっているため、ノー残業デーの水曜日か週末プールに行って練習していますが、さすがに練習時間が足りなくて思うように上達しないし、タイムも伸びない・・最近特におしり、腰など下半身が沈みやすいフォームに悩む場合どうすればいい・・?

 

体の力を抜いてストリームラインを取り、手で少し水を押さえる感覚で

 

前傾姿勢をとると、水にまっすぐ浮くことができるけどこの状態を維持できていないと足や下半身がから沈んでしまうみたい!?

 

平泳ぎ上達法〜下半身が沈む場合の改善コツ〜

 

 

平泳ぎで呼吸をする時は頭が上がって下半身が下がる姿勢になるけど、キックの後しっかり伸びて前傾姿勢を取らなければ、沈む原因になるとか。

 

そのためには、キックして伸びた後に前傾姿勢を取る際に、頭が水没するくらい入れ、手も水面より下に伸ばすことで上半身が少し沈んで下半身逆が浮きやすくなるらしいが・・

 

 

なんといっても私達のような初心者レベルの平泳ぎスイマーは

 

こうした下半身沈み対策やコツにまだ疎かったりするもの。悔しくて自分なりに調べたりもするけどなかなか自分に合った手とり足とりな良い方法に出会えるとも限らないし、そもそも何かと忙しくて1つ1つ丁寧に調べてる時間も余裕もない。

 

だからこそ、今の自分達に必要なのはこうした下半身沈み対策も含め都度目で見てシンプルに理解でき、即上達に繋がるプロの教えや極意というべき・・平泳ぎ上達に特化した自分だけのお手本などの存在をいち早く見つけ出すことが上達への最短の近道と言えるのかもしれないですよね〜お互いに頑張りましょ^^

 

 

 

北京オリンピック100m・200m平泳ぎ代表種田恵があなたを徹底指導!

 

女性が筋力に頼らず平泳ぎでスピードアップをするのに必要な技術・練習法に絞った、最先端上達法を教えます。

 

*180日無制限メールサポート&返金保証付き

 

 

 

 

冬の寒い時期はエアコンと石油ストーブとで部屋を暖めているけども・・、寝室ではオイルヒーターを使っています。じんわりお部屋が暖かくなるのが気持ちが良いなぁ〜みたいな。ただ日本製でないので使い方がよくわからなくて・・多分デロンギ?家族がつけたり消したりしてるけど説明書もどこにあるか分からないので自分でつけたことがない。そういえば薪ストーブがある家もあるけど、家の中で火が燃えてるのってなんか見慣れないと怖いよね。見慣れればそうでもないのかもしれないけど・・。家の中全体が暖まるって言うよね。どのくらい暖かいんだろう??あとどのくらいでメンテとかするのかな?まさか自分で煙突掃除?無理無理。欲しくはないけどその辺興味だけあったり・・^^やはり寒いのはダメだね。薪ストーブでお肉焼いたりみたいな!?それは危ないか。あと掘りごたつもいいよね〜

 

よく夏と冬はどちらがいい?って話になるけど、夏は確かに薄着で脱ぎようがなく涼しいところにいかないとダメだけど、寒い時は着こんで動けばなんとかなるというもののそれも一理あるけど・・寒いものは寒い。しかも空気が乾燥して肌荒れはひどいし喉は乾燥するしいいことないね。なんといっても暖かいところから動けないし・・結局、冬になったら夏が恋しくて夏は冬が羨ましかったりするもんだよね、できれば一年中秋の陽気のところに行きたいな〜若干肌寒いのがいちばんいいです。美味しいものも多いしね^^

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る